連載

PR
連載

ビートルズと「NewJeansおじさん」:ロマン優光連載259

259回 ビートルズと「NewJeansおじさん」ビートルズにはとても似てるとは思えない画像に「写真良すぎる。マジで初期のビートルズみたい」というキャプションをつける大喜利ポスト。X(旧Twitter)でそういうものを何度か見かけ「なんだろう」と思っていたら、編集氏からのメールで謎がとけた。あれは映画・音楽に対する評論...
連載

一人二役の北川景子演じる茶々が素晴らしそうな予感:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載485

第485回 一人二役の北川景子演じる茶々が素晴らしそうな予感全体の4分の3が終わり、いよいよ佳境にさしかかっている、大河ドラマ『どうする家康』。後半の配役が続々と発表される中、ずっと誰が演じるか知らされずにいた豊臣秀吉の側室・茶々(淀殿)が、9月24日の放送回でついに登場。前半で(というか、1か月半前まで)、織田信長の...
連載

地下アイドルの定義:ロマン優光連載258

258回 地下アイドルの定義「地下アイドル」という言葉はその実態を知らない人から誤解を受けやすい。その主な原因は「地下」という言葉にあると思う。地下→アンダーグラウンドという連想から、犯罪と密接に関わりがあるような地下経済・アングラ経済を連想して、いかがわしさを感じる人もいるし、アンダーグラウンドで活動するバンドのよう...
連載

39本目・『野獣死すべし』:杉作J太郎のDVDレンタル屋の棚に残したい100本の映画…連載66

39本目・『野獣死すべし』他人の夢の話を聞いてもつまらないと思いますが書きます。すみません。夢の中で私は会社員。なにかの目的で社内でドラマ仕立ての動画を作らなければならなくなった。それもその日のうちに。動画の中心は松田さんにやってもらおうと思っていた。なんとなく内容も決まり、いっしょに出てもらう社員も決まり、松田さんの...
連載

つんく♂の筋の通った硬派な生き方:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載484

第484回 つんく♂の筋の通った硬派な生き方かつてロックバンド「シャ乱Q」のメインボーカルとして活躍し、モーニング娘。など数多くのアイドルの総合プロデュースを務め、9月20日に著書『凡人が天才に勝つ方法』を刊行したつんく♂さんが、19日放送の『ぽかぽか』(フジテレビ系)にゲスト出演。自身が「天才」と言われることについて...
連載

コブラ、そして俺とサイコガン:ロマン優光連載257

257回 コブラ、そして俺とサイコガン(ガリア)「まてよコブラその運てえやつに負けた時はどうするんだ」(コブラ)「笑ってごまかすさあ!」(「異次元レース」より)宇宙を股にかけて暴れる一匹狼の宇宙海賊。左腕にサイコガンを持つ男。男の名はコブラ。子供の頃に出会った「大人の男」たちの最初の一人にして、永遠のヒーロー。俺たちは...
連載

ジャ●ーズの崩壊と中森明菜の復活のタイミングが一緒:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載483

第483回 ジャ●ーズの崩壊と中森明菜の復活のタイミングが一緒芸能ニュースが、ほぼジャ●ーズ事務所(しつこく伏字)に関する報道で塗りつぶされた一週間。「ジャ●ーズに所属しているタレントはCMに起用しない」という企業が続出しているみたいだけど、「CMに出演している=スポンサーがついているからこそ、ジャ●ーズのタレントを冠...
連載

日本維新の会は近代特有の病:適菜収連載3

実話BUNKAタブーでの適菜収氏の連載を実話BUNKAオンラインにもアップ。第3回は、大坂万博は国頼みで、代表自ら「(維新は)第2自民党でいい」「共産党はなくなったらいい政党」とうそぶく政党、日本維新の会について。3回:日本維新の会は近代特有の病維新の会は大阪で発生した大衆運動である。それは決して新しい現象などではない...
連載

ジャニー喜多川が亡くなってからのマスコミにモヤモヤ:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載482

第482回 ジャニー喜多川が亡くなってからのマスコミにモヤモヤ9月7日、故・ジャニー喜多川氏による性加害に関して、ジャ●ーズ事務所が4時間超に及ぶ記者会見を行った件、みなさんはもちろんご存じよね?この会見には、ジャニー氏の姪で、4日付で社長を辞任した藤島ジュリー景子氏、新社長に就任したヒガシこと少年隊の東山紀之、子会社...
連載

共感性羞恥をよぶ唐沢俊一氏の「タモリ」ポスト:ロマン優光連載256

256回 共感性羞恥をよぶ唐沢俊一氏の「タモリ」ポスト先日、X(旧Twitter)の自分のTLに、ある男性と赤塚不二夫氏、そして女性1人の計3人で写っている写真を貼り付け、その男性がタモリ氏であるとするポストが流れてきた。非常にバズってるようだった。男性は芸能界にデビューしたころのタモリ氏と同じように眼帯をかけているよ...
連載

『テコンダー朴』原作者白正男による正しい歴史認識と人権思想講座 第9回プロゲーマー・マゴの不適切発言は許されるのか?

人権派格闘技漫画の最高峰『テコンダー朴』を世に送り出した義士・白正男先生が、日本人に正しい歴史認識と人権思想を啓蒙すべく、筆を執っている本連載。今回はプロゲーマー・マゴ選手の不適切発言について。不適切発言とそうでない発言を分けるものは何か。白先生が解説する。第9回:プロゲーマー・マゴの不適切発言は許されるのか?格闘ゲー...
連載

ネットの誹謗中傷はどこまで許される?:米山隆一連載3

ネットで誹謗中傷にさらされていた芸能人が自殺し、改めてネット上の言論が問題になりました。弁護士でもある米山隆一衆議院議員が、ネット上での発信に関して思っていることとは。第3回:ネットの誹謗中傷はどこまで許される?推測ではありますが、ネットでの誹謗中傷も一つの原因となって、若いタレントが自殺したと報じられました。これに対...
連載

ジャニーズ擁護を頑張る人々:ロマン優光連載255

255回 ジャニーズ擁護を頑張る人々ジャニー喜多川性加害問題について、ジャニーズ事務所に依頼された第三者委員会である「外部専門家による再発防止特別チーム」による記者会見が8月29日に行われ、ジャニーズ事務所のHPで調査報告書が公開された。調査報告書の内容としては、性加害の実在を認め、再発防止のための提言がされているもの...
連載

井上貴博アナの号泣慶応愛で考える甲子園の応援のあり方:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載481

第481回 井上貴博アナの号泣慶応愛で考える甲子園の応援のあり方8月23日、昨年夏に続き2連覇を狙う仙台育英高校と、107年ぶり2度目の優勝を狙う慶応義塾高校(以下、慶応)が対決し、慶応の勝利で幕を閉じた、第105回全国高校野球選手権記念大会決勝戦。両校のナインの健闘が讃えられる一方で、「慶応サイドの大きすぎる応援の声...
連載

痛風がムカつく!:箕輪厚介「今月これにムカついた」 連載5

第5回 痛風がムカつく!最近は痛風になるのがムカつく。7以内が正常と言われる尿酸値が11とか12だから相当高いらしい。最初に痛風になったのは、足が鬼のように痛くなり、「これは痛風か、それともとんでもない骨折をしたのか?」と、たまらず医者に行ったことがきっかけだった。レントゲンをとってもらうと「骨折です」との診断。昔サッ...
タイトルとURLをコピーしました