連載

PR
連載

為末大の言う「友達」について考える:ロマン優光連載292

292回 為末大の言う「友達」について考える 「友達」って、いったい何なのだろうか。 初老のおじさんがこんなことをいきなり言い出してキモいと思う人もいるだろう。正直言って、自分でもキモいと思う。しかし、これは私のせいではない。 私がこんなキモいことを書かなければいけなくなったのは、為末大さんが、 50歳以降で多様性理解...
連載

古谷徹の濃厚ファンサービス:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載518

第518回 古谷徹の濃厚ファンサービス 5月22日、『文春オンライン』が、声優の古谷徹さんが37歳年下のファンの女性と4年半にわたって不倫関係を続けていたこと、その女性が妊娠すると中絶を求めたこと、さらにはかつて、離婚を迫った女性に暴力をふるったことなどを報道。古谷さんはXに、不倫関係を認めたうえで、「大人として人間と...
連載

50本目・『それでも夜は明ける』:杉作J太郎のDVDレンタル屋の棚に残したい100本の映画…連載83

50本目・『それでも夜は明ける』 ひどい話である。 あまりにもむごい。 ある日突然、連れ去られて奴隷になってしまう人の物語である。 百年以上前の物語で実話の映画化である。 なんの前触れもなく、幸せな毎日をすごしていたキウェテル・イジョフォー演じる彼は連れ去られて奴隷市場に出される。そして買われて物のような、物以下の生活...
連載

天才が考えた「ふくらみカルテ」:メンズエステ開業日記16

もう人生に上がり目が残されてない48歳独身弱者男性(キモくて金のないオッサン)が、副業で一発逆転を目指して、メンズエステ開業に挑む日々を綴った日記です! 負け組が金持ちになるためには、胡散臭いビジネスしか勝たんのですよ。 第16回 天才が考えた「ふくらみカルテ」 前回の記事で、起死回生の策だったはずの店舗の豊洲移転が頓...
連載

不適切なダンスショー:米山隆一連載7

自民党和歌山県連が催した懇親会で、露出の多い女性ダンサーが余興に出演したことが批判を浴びています。国政政党の催しでそういったショーが行われるのは論外として、性的なものはすべて社会から排除されるべきなのでしょうか。 第7回:不適切なダンスショー 昨年11月の自民党青年局近畿ブロックの懇親会で、過激なダンスショーが催された...
連載

西新宿タワマン刺殺事件で被害女性がなぜか叩かれまくった件:ロマン優光連載291

291回 西新宿タワマン刺殺事件で被害女性がなぜか叩かれまくった件 5月8日未明に起こった、西新宿のタワーマンションの敷地内で25才の女性が待ち伏せしていた51才男性に刃物でメッタ刺しにされて殺害された事件。例のごとく、はっきりとした情報が出ないうちからネット上には被害者を叩く人間が出現し、げんなりさせられた。道義的な...
連載

共演者キラー髙橋一生の沼らせ術:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載517

第517回 共演者キラー髙橋一生の沼らせ術 俳優の髙橋一生くんと飯豊まりえさんが5月16日、公式サイトに連名で結婚の報告文を発表。二人は、2020年以来不定期で放映されているNHKのドラマ『岸辺露伴』シリーズで共演したのがきっかけで知り合い、約一年の交際を経て、結婚するに至ったそう。『岸田露伴』シリーズは、大人気漫画『...
連載

消えた豊洲の夢:メンズエステ開業日記15

もう人生に上がり目が残されてない48歳独身弱者男性(キモくて金のないオッサン)が、副業で一発逆転を目指して、メンズエステ開業に挑む日々を綴った日記です! 負け組が金持ちになるためには、胡散臭いビジネスしか勝たんのですよ。 第15回 消えた豊洲の夢 やらかしてしまいました! 先月の連載では豊洲に出店決定! と嬉々としてご...
連載

蛭子さん宅でジビエ鍋をご馳走に:根本敬の「蛭子能収タブーなし!但し『ぼぼ』は禁句」連載6

第6回:蛭子さん宅でジビエ鍋をご馳走に 蛭子さん宅に呼ばれ、ジビエ鍋をご馳走になりました。 鍋の中には猪、鹿、キョン、ハクビシンの肉がグツグツと煮込まれている。もういいだろうという頃合いでそれぞれの肉に食らいつく。肉のうまみをそれぞれふたことみこと口に出して感想を述べながら鍋パーティは進行する。 だが、主催者の席にある...
連載

スティーブ・アルビニ〜断章〜:ロマン優光連載290

290回 スティーブ・アルビニ〜断章〜 ふとX(旧Twitter)をみたら、スティーブ・アルビニの訃報が流れてきた。 80年代後半から90年代初頭の一時期、スティーブ・アルビニは私のヒーローの一人だったし、今でもBig Blackというバンドのことを未だに考えているときがある。 現在、私の脳内はいわば金縛り状態にあり、...
連載

生田斗真の旦那様発言、アップデートは必要か?:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載516

第516回 生田斗真の旦那様発言、アップデートは必要か? 5月5日、俳優の生田斗真くんが、自身のインスタグラムで、ファンから寄せられた「今日で妊娠9ヶ月です 出産こわいよー」というコメントに、「旦那様に無痛おねだりするか」と返信し大炎上したというニュース、みなさんはご存じかしら。 これを受け、斗真くんは7日、インスタの...
連載

49本目・『世界忍者戦ジライヤ』:杉作J太郎のDVDレンタル屋の棚に残したい100本の映画…連載82

49本目・『世界忍者戦ジライヤ』 前回に続いてなぜか地球上のあちらこちらにさまざまな忍者がいて、その忍者が敵になったり味方になったりして戦ったり戦わなかったり、悪いやつをやっつけたりする『世界忍者戦ジライヤ』である。 というのもその当時俺は就職もしないままずるずると漫画家生活に突入。漫画家だけでは生計が成立しないので文...
連載

大谷翔平:サムソン高橋「ハッテン場から愛をこめて」連載7

第7回 大谷翔平 『実話BUNKA超タブー』を読んでらっしゃる中年弱者男性にはマジどうでもいいだろう最近のLGBTQニュース! 札幌高裁にて、「同性婚を認めないのは違憲状態」という判決が出ました! まったく同性愛者の奴らってば、私たち中年弱者男性が日々低賃金にてブラック企業にこき使われ、ボロボロの身体で狭いアパートに帰...
連載

弁護士目線で見た松本人志氏の訴訟:米山隆一連載6

昨年末、『週刊文春』で松本人志氏のスキャンダルが報じられて以降、多くの人が訳知り顔でこの騒動について語っています。弁護士でもある米山隆一衆議院議員は松本氏が訴訟を起こしたことについて、どう見ているのでしょうか。 第6回:弁護士目線で見た松本人志氏の訴訟 松本人志氏への文春砲がさく裂して以来、この問題は様々な議論を呼んで...
連載

若山耀人の犯罪と日本の貧困化:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載515

第515回 若山耀人の犯罪と日本の貧困化 4月16日、栃木県那須町の山林で、上野駅周辺で複数の飲食店を経営する宝島龍太郎さん夫妻の焼け焦げた遺体が見つかった事件で、5月1日、遺体に火をつけた実行役の一人として元俳優の若山耀人容疑者が逮捕されたというニュース、みなさんはご存じかしら。 なお、現時点では実行役の若山容疑者ら...
タイトルとURLをコピーしました