PR
PR

鳥羽周作:サムソン高橋「ハッテン場から愛をこめて」連載2

連載
連載社会
PR
PR
PR
PR

第2回 鳥羽周作

ツイッターに「ゲイ界の橋本環奈」というパワーワードがトレンドにあがっていた。

広末涼子とレストランsio経営シェフの鳥羽周作の不倫騒動の第一報であった。その鳥羽周作がゲイ界の橋本環奈と呼ばれてるとして、バズっていたのである。

その発端は、ひょっとしたら私かもしれない。

鳥羽シェフをテレビで初めて見かけた瞬間、「セクシーアイドル発見!」と叫びまくったのだった。確かリリー・フランキーがデビュー直後の広末涼子に会ったとき、富士山の頂上に登って「どえらいポテンシャルを持った美少女がここにいますよ!」と日本中に向かって絶叫したい欲望に突き動かされたと言ってたが、それはまさしく、鳥羽シェフを最初に見た私の衝動と一緒だった。ある意味お似合いのカップル誕生である。

ゴツい丸顔の中央に完璧に配置されたやや童顔のあっさり顔。邪気のない笑顔にワイルドな短髪とヒゲ。しゃべり方も含めて「ひょっとしたらなにか足りない子なのかな?」と思わせる白●美…これがゲイバーで隣りに座った客なら背後に食い散らかして捨てたゲイの屍の山が見えて頭の中で緊急警報が鳴って怯えるレベルだ。彼がノンケで本当に良かった。とんでもないオム・ファタールである。

ジャニー喜多川:サムソン高橋連載1
ryuchell:サムソン高橋連載3

PR
PR
記事をシェアする
PR
PR
実話BUNKAオンライン
タイトルとURLをコピーしました