PR
PR

ツイッターでキモい人認定される仕草一覧

社会
社会ライフ
PR
PR
「ツイッター」改め、「X」。「ツイート」や「リツイート」はどう変えるのよ? といった類の話をすべて置き去りにして急激な舵を切ったツイッターの大騒動を横目に見つつ、2023年3月28日の記事「ツイッターでキモい人認定される仕草一覧」を再掲載する。
PR
PR

ヤバい猫アイコン

世の中の揉め事はだいたいツイッターで起きている。なぜなら、ツイッターにはバカが多すぎるからだ。最低限の社会性が備わってないから、知らない人にも無遠慮にタメ語で話しかける(リプライを送る)。

本来は知的な情報サービスであったはずのツイッターを地獄の空間へと変貌させた、悪しきツイッタラーの特徴を確認していこう。

アイコンと呼ばれる顔写真。まず、ここに本当に自分の顔を貼るとヤバい人認定されるというトラップがある。かといってデフォルト状態である人型のアイコンのまま、つぶやき続けるのも不気味極まりない。逮捕前の山上徹也と思われるアカウントもそうで、人型アイコンで旧統一教会への恨みを投稿し続けていた。

そして、そんなものよりも最もヤバいのが猫アイコンだ。論理が破綻して、文法も狂っている人は、大抵猫をアイコンにしている。不思議なことに、犬のアイコンはまとも。

同様に美少女アニメがアイコンの人もヤバい。当然無許可使用だろう身の上は棚の上にあげて世の悪事に「けしからん」と一丁前に物申すなどしているから滑稽だ。身バレしないことをいいことに、女性蔑視など差別の数々を垂れ流しているアカウントもチラホラ。実生活でモテない腹いせなのだろうか。可哀想に。

映画『AKIRA』の金田がバイクに乗るシーンをアイコンにしている人もけっこういる。オタクアピールするにはちょうどいい素材なのだろう。しかし映画自体はつまらなく、過大評価されている作品だ。『AKIRA』アイコンの人は、周囲の雰囲気に流されやすい、浅はかな人間だと思って間違いない。

好きなアイドルをアイコンにしている人もいる。そのアイドルに迷惑がかかることを想像できないのだろうか。単にアイドルについて語るだけなら害は少ないが、だいたいが「お●ぱい!」「そろそろ赤飯の時期かな」とかつぶやくのだから始末に負えない。アイドル側でなにか発表があると、「やっと情報解禁か~」と他のオタクに対して謎のマウントをとりがちなのも特徴だろう。

PR
PR
記事をシェアする
PR
PR
実話BUNKAオンライン
タイトルとURLをコピーしました